広告がうざいと思っている人に読んでほしい広告マンの本音~リスティング編~

こんにちは。

やすです。

屋外は刺すような日差しで灼熱地獄、一方で屋内はキンキンにクーラーが効いていてその温度差により最近は夏バテ気味になってしまっています。。。

さて今回は「正直言ってネットの広告はうざいなぁ」と思っている人に向けての記事です。

デジタルマーケティングの世界に飛び込んで早二か月。

この世界で働き始めて、初めて気づいたWeb広告のメリットをユーザー目線に立ってお話したいと思います。

下記、過去に弊社インターンが書いた似たような記事もありますが、今回は「リスティング広告」に絞ったユーザーメリットをお伝えしたいと思います。

 

ネット広告がうざい?なかなか気づきにくい3つのメリット

 

そもそもリスティング広告って?

検索連動型広告ともいいます

そもそもリスティング広告とは何かというお話です。

リスティング広告とは、下記のようにGoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分の調べたキーワードと連動して、検索結果画面の上部や下部に表示される広告のことです。

私はここのところの暴飲暴食で太ってしまい、日焼けもしており体系はまるで梅宮辰夫。

そこで本格的な夏に向けて痩せるぞという決意のもと「ダイエット サプリ」と検索しました。

そうです、楽して痩せたいんです。

ちなみに上記赤枠で囲った「広告」と表示のある4つがまさにリスティング広告。

今回は上記の例に沿ってユーザーにとってどんなメリットがあるのかご説明したいと思います。

探したい情報がすぐに出てくる

32,600,000件!?

今回、私はGoogleで「ダイエット サプリ」と検索しました。

その結果、Googleが見つけ出してきた関連記事はなんと32,600,000件。それをまぁ約0.3秒で見つけ出してくるGoogleさんもすごいです。

この膨大なHPの中から自分が欲しい情報を見つけ出すことって至難の業ですよね。

ただ、リスティング広告があることによって自分の見つけ出したい情報が一番上に来ます。

先ほども言ったようにリスティング広告は自分が検索したキーワードと連動しているので、関連がある場合にのみ表示されます。

つまり、リスティング広告があることによって自分が見つけ出したい情報が一番上にきてくれるというわけです。

さらにGoogle・Yahoo!さんってのは常に広告を監視ししていて、「広告のランク」というものを計っています。

簡単に言うと

「本当にその広告とHPに関連性あるの?」とか

「そのHPは本当に使いやすいの?」とか

ユーザー目線に立って広告のランクが決まり、ランクの高い広告が上位に表示されるんです。(実際はお金をかければ一番上に表示することもできるのですが)

そういったユーザー目線に立って選び抜かれたものが32,600,000件の中から上位に表示されるので、ユーザーとしては万々歳ですよね。

HPに行かなくて知りたい情報が知れる

多彩な表示オプション

リスティング広告には様々な情報を追加し、表示させることができる「表示オプション」という機能があります。

上記赤枠で囲った部分はその一つの「コールアウト表示オプション」というもの。

実はユーザーとして気になる情報が満載なんです。

「ネットで買ったらどう支払うの?」-「コンビニ支払いOK」

「送料いくらだろう?」-「初回限定送料無料」

「いつ届くんだろう、受け取れないかもな…」-「日付時間帯指定OK」

HPに入らなくてもこんなに情報が知れる!

親切すぎやしないかリスティング。お得な情報満載じゃないか。

今度はスマホで「ダイエット アプリ」を検索しました。

上記赤枠はまた別の表示オプションの一つ「価格表示オプション」という機能を使った表示になります。

なんとHPに入らなくても価格の比較ができてしまう。

しかもこれ、クリックすると別々のページに飛ぶんです!

つまり「さっきクリックしたやつどこに載ってんだ」って1つのHP上を探さなくて済むわけなんですね。

ユーザーとしては一発でお得な情報が知れます。なんと初回限定価格だって…

リスティング広告よ。やんごとないぞ。

まとめ

「広告ってうざいなぁ」って思っている方も正直いるでしょう。

ただ、そんなあなたも「探していたものはまさにこれだ!」とリスティング広告をクリックしていたことが、振り返ればあるかもしれません。

そんなユーザー体験をこれからも創造していきたいと思います。

一人のWebマーケターとして思うのは、ウェブ広告を的確に適切なタイミングでユーザーにお届けすることが理想です。

頑張ります!!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

新卒で入社した大手ファッションECサイトを退職し、デジタルマーケティング業界に飛び込んだ男。 NYウォール街のチャージング・ブルにも頭から飛び込む勇気を持っている。

ABOUTこの記事をかいた人

yasu

新卒で入社した大手ファッションECサイトを退職し、デジタルマーケティング業界に飛び込んだ男。 NYウォール街のチャージング・ブルにも頭から飛び込む勇気を持っている。