デジタルマーケ人だと思われる業界用語を使った恋愛トークの仕方

こんにちは、すぎゆうです。

今回はWebマーケ業界の業界用語について、恋愛トークを交えてお話していきます。

業界人は、恋愛トークをしているときこそ、業界用語を自然と使っていたりするって知っていますか?

本記事では、この業界でまず覚えさせられるimp、click、CTR、CPC、CV、CVR、CPAというWeb広告における基本指標を実例を取り上げて紹介していきますね!

imp、click、CTR、CPC、CV、CVR、CPAなどの基本指標については、以下の記事で紹介していますのでそちらを確認してください。

 

Webマーケティングの「基本指標」

 

はじめに

CV(コンバージョン)とCVR(コンバージョンレート)編

杉生_アイキャッチ①

これは男性新入社員によく見られる会話ですね。

A君:こないだの合コンの時さ~お前バナ子ちゃんと抜けたじゃん?
あの後、どうだったの?
B君:あ~あの後1軒BAR行って、普通に解散になってCVできなかったわ。。
A君:えっ!?お前あの状況でCVできなかったの?w
ていうか、お前基本CVR低いよなw

もうお分かりでしょうが、皆さんの想像通りで正解です。
女性を口説き落とし、ホテルインできたことをCV、ホテルイン出来た率をCVRとして会話しています。
男性新入社員はこのようにして、CVを覚えます。またこれは、何年目になってもいくつになっても使い続けていく一生ものの単語になります。
なので、男性新入社員にはこのような例え話で教えてあげましょう。どんなに物覚えの悪い男性でもすぐに覚えます。

 

Imp(インプレッション)click(クリック)CTR(クリックスルーレート)編

杉生_画像①

これは20代後半~30代前半の女性社員によく見られる会話です。

Aさん:先週も親友が結婚してさ~マジヤバイわ私。
Bさん:ちゃんとimp出してる?imp出さない限りclickは絶対発生しないからね?
Aさん:impは割と出してると思うんだけど、CTRが低すぎるんだよね~。
草食系男子ってやつ?増えてるじゃん?
そのせいで最近の男はclickなかなかしないのよ~

ここは世の、Webマーケ系企業に勤める女性を敵に回す覚悟が必要なのであまり深く触れたくないですが、impは合コンなど新たな出会いの場を指し、clickは連絡先の交換や、次回のデートの誘い等を指します。CTRは連絡先を聞かれたり、デートに誘われたりする率ですね。
草食系男子の諸君!女性もclickを求めています!どんどんclickしましょう!

補足ですが、少しツッコミづらくなってくる頃なので、社内でこのような会話が聞こえてきても男性社員は聞こえてないフリをしましょう。
飛び火がすごいですから。

 

CPC(コストパークリック)・CPA(コストパーアクイジション)編

杉生④

こちらはチャラめで、婚期逃し気味な男性社員に多いですね。

A先輩:今月2回合コンしたじゃん?何人LINEの交換できた?
B先輩:俺、4人。だけど実際連絡取ってんのは2人だわ~
A先輩:さすがやり手だわ~俺なんて1人だけだったぜ?
B先輩:マジかよ、2回の合コンで12,000円使って1人って、CPC12,000円じゃんw
どんな事故案件だよwww
A先輩:なw
だけど、俺CVR高いから来月は合コン抑制した上で、この子とCVかましてCPAも12,000円に抑える予定なんだわw
B先輩:あ~なるほどね。CVR重視で絞って配信してるわけだw
報告待ってるわw

CV、CVR編の復習にもなる会話ですね。
ここで言うCPCは連絡先の交換にかかった単価、CPAは女性とホテルインできる関係になるまでにかかった単価を指してますね。
草食系も何かと言われますが、肉食系は肉食系でゲスいですね。
imp、click、CTR編に出てきた女性達と是非合コンをしてもらいたいものです。

 

【番外編】VTCV(ビュースルーコンバージョン)

杉生③
そうです、イケメンにしか発生しない現象です。
会話はこんなところでしょうか。

A君:いいよな~お前は。Impさえすりゃあ、VTCVガンガン出るもんな~。
イケメン:そんなことないよ。

シンプルですね。イケメンは出会いの場へ行けば、それだけですぐCVが発生します。

如何でしたでしょうか?今回は基本指標を覚えてもらいました。
業界用語や業界人の会話には面白いものが溢れるほどにあるのでこれからも紹介していきますね。

 

現場からは以上です。

The following two tabs change content below.
すぎゆう

すぎゆう

若手起業家。 絶妙な絵の下手さが売り。いつも具合は悪め。