Web広告代理店で働いた大学生が考える!PCを使って大学講義を効率的に受ける方法(検索編)

 

こんにちは、1年半という長い休学期間を経て大学に復学した結果、既に出来上がったコミュニティになかなか馴染めず、ぼっち飯を繰り返す日々を過ごすことになってしまったひぐです。

そのほかにも休学したことによって、心の空白ができた時間は数知れず。。。
とはいえ、2個下の学年と一緒に授業を受けることになって以降、毎日新鮮さを楽しんでおります。

 

さて、今回はそんな新鮮な日々の中で感じたとあるモヤモヤが題材となっております。
そのモヤモヤというのが「今の大学生ってPCあんまり使えてないんじゃない?」ということ。

確かにスマホ世代全盛期の20歳のみんなは、スマホさえあれば気になることはすぐに調べられるし、アプリもあるし、なんだってできますよね。が、しかし!PCを活用すればもっと便利に、もっと楽に大学生活を過ごせるのです。

そこで、今回はスマホがデフォルトになりつつある大学生に読んでもらうべく、「PCを使って大学講義を効率的に受ける方法」を、毎日ほとんどPCとともに過ごしている僕なりにお伝えしていきます!予想以上に分量が多くなってしまったため、今回は検索編をお届けします笑

スマホは◯◯が故に調べ物には不利!

調べ物はスマホで十分と思ってる1,2年生のみなさん、確かにそれでよいのかもしれません。しかし、PCを使うことによって格段に効率があがるのです。

例えば講義中。経済学部のAくんは今度受験する簿記2級の教科書が必要だということを思い出したとします。このような「あ、◯◯いるんだった。」というのはどうしたものか、講義中に思い出すこともしばしば。そんなときにスマホとPCどちらが便利か比べてみましょう。

まずはスマホで調べた場合。

「簿記2級 教科書」と調べた時の検索結果画面です。

まずスマホで最初に現れるのは広告。画面びっしり出ていますね。

広告は新しく情報を得たり、今だけお得なキャンペーンを知るのにはとても便利なものなのですが、Web広告では単価感の高いものが広告として出ることがどうしても多くなってしまうのです。(広告を生業としている私が言うのもなんですが笑)

というのも、広告配信に企業はお金をかけています。上記のような検索広告は誰かがクリックするたびに、広告を出している企業がお金を払う仕組みになってるんですね。

Web広告は商品単価が高い業界(不動産や専門学校、人材業など)でよくみかけるのですが、シャンプーや歯磨きなど商品単価が低い業界ではあまりWeb広告を見かけません。それは「シャンプー」を検索する人はシャンプーを”買いたい人”よりシャンプーについて”知りたい人”が多いという仮説が立てられますし、日用品はスーパーで買うことが多いですよね。そのような業界ではテレビCMなどの形でイメージを植え付けるような広告を出しているのです。

と、つまりはWeb広告では学生さんにとってはあまり手が出しにくい高価な商材をよく見かけることになるということですね。笑

さて、話が脱線しましたが、なによりの不便はスマホ画面から一目で得られる情報量があまりにも少ないということ。
これはもうPCに慣れ親しんだ著者からすると悲劇としか言いようがありません。。。

そう、スマホは画面の小ささ故に不便なのです。

一方でPCで調べた場合の検索結果画面。

広告は画面の半分だけに収まっており、一目でこれだけ多くの情報量が得られるのです!快適さが違いますねー。
この最初に現れる画面をファーストビューと言うのですが、ファーストビューだけでいろんな情報、選択肢が得られます。
選択肢が多ければ、それだけ最適な選択に近づけるのでは?

 

もちろんここで反論が出ます。

「スクロールすれば良いじゃん」

生意k ごもっともです。

 

ただここで次の問題が発生するのです。

検索ページを◯◯できない

この◯◯に入る言葉、なんだと思いますか??
スマホでも閲覧はできるし、当てはまる言葉が見当たらない。。。

ここの◯◯には「一度で複数のページを開くことが」が入ります。笑
文字数はお気になさらずということで、どういうことかご説明いたします。

スマホでは一度検索をして、特定のページに移ると、そのページしか開けない状態になってしまいます。
だがしかし、PCなら一度に複数のページを開くことが可能です。

やはり、大学生ともなると情報の取捨選択が必須のスキルとなってくるので、そのためにも情報の比較検討は必ずするべきです。特にこのご時世、何が信頼できる情報か分かりませんからね。

そのため複数のページを一度に開けることは大きなメリットとなるのです。

便利度30%アップの凄ワザ

①「新しいタブで開く」を簡単に。

Windowsユーザーの方はctrlキーを、Macユーザーの方はcommandキーを押しながらリンク先をクリックしてみてください。

するとびっくり、今のページはそのままに、リンク先が新しいタブとして開いてくれるのです。

②前後のタブへ移動。

続いては新しく開いたタブ間での移動方法をご紹介。

<次のタブに移動>
Win/Mac:「ctrl」+「Tab」

<前のタブに移動>
Win/Mac:「Shift」+「ctrl」+「Tab」

この技を駆使すれば、いちいちマウスを使わずとも複数のページを見比べることができますよ!

③タブを開いたり、閉じたり、検索したり。

もうタブ関連の基礎的なショートカットを厳選紹介。

この3つを覚えるだけでめちゃくちゃ便利になるので、試してください!

<新規タブを開く>
Win:「ctrl」+「T」
Mac:「command」+「T」

<タブを閉じる>
Win:「ctrl」+「W」
Mac:「command」+「W」

<検索する>
Win:「ctrl」+「L」
Mac:「command」+「L」

たったこれだけで、一気にPCの使い勝手が上がること間違いなし!

まとめ

PCに使い慣れていない大学生の方向けに、今回は本当に基礎的な部分のみを抽出してPCの便利さをお伝えしてきました。実はまだまだPCにはポテンシャルが秘められています。

まずはここで紹介した、検索時のタブの操作を使いこなして便利で快適な検索ライフをお送りください!

The following two tabs change content below.
ひぐ

ひぐ

職業学生。石川生まれ福岡育ちの地方デジタルマーケター。 自称「最年少Google認定資格保持者」。あくまで自称です。 最近のマイブームはYDNのバルク入稿。宜しくお願いします!