あなたも会ったことがあるかも?デキる人とデキる”風”な人

 

こんにちは。すぎゆうですよっと。

今回は日曜に自宅にて好きな音楽をかけ、誕生日に友人から頂いた知多で作ったハイボールを片手にささみの燻製にマヨネーズと一味をつけて食べながら書き始めました。

そうなんです、皆さんもご存知の通り。先日6月21日は筆者の誕生日でした。27歳になりました。

それについては、以下の記事を参考にしてください。と言いたいところですがそんな記事はありません。当たり前ですね。

 

さて、今回は皆さんも出会ったことがあるかもしれない、仕事がデキる人デキる”風”な人について書いていきたいと思います。

 

では早速。

私、〇〇さんと知り合いなんですよ〜

で?

少々、わかりやすく極端なタイトルにしましたが、初対面の時に遠回しに著名人や活躍している人と知り合いだとか言ってくる人って居ますよね?

こういった人は殆どの場合、デキる”風”の人です。つまり”風”一族です。

気に入ったので以後”風”一族と呼んでいきましょうかね。

自分ではなく自分以外の誰かの力を借りてマウンティングしたい訳です。ですが、言われた側は正直「で?」って感じですよね。

そしてこの手の人に多いのが、相手によってめちゃくちゃヘコヘコしたり偉そうにしたり態度がコロコロ変わります。

(ならまだ誰が相手でも同じ態度の人の方が筆者としては好感が持てます。)

そして本当にデキる人は、自分の実績や努力がありますし、同時にその実績を作る難しさや努力することの大変さも身をもって知っているので、相手に対してそもそもマウンティングしません。

寧ろ、相手が気づかないように、相手が自分をマウンティング出来ていると思わせて気持ちよくしてあげています。

あ、マウンティングに関しては割愛しますが、バズプレスさんの以下の記事が分かりやすくサラッと読めるので参考までに。

マウンティング女子の意味とは?特徴や対処法そして発言まとめも!

話を戻しますが、言ってしまえば、実際はマウンティングしてくる時点で本当にデキる人ではないです。(デキる人から見てデキる人だとは感じてもらいづらいという意)

では、デキる人との初対面はどういった感じなのか?ですが、基本的にマウンティングなんかして来ないんですよ。

例えばですが、

「私はこういった仕事をしていて、実績としてはまだまだでして模索してたりするんです。。

今日はすぎゆうさんからも色々とお話聞かせて頂ければと思っています!

あ、勿論私がお話できるようなことがあれば私で良ければ惜しみなくお話しますので、お互いにとって良い時間にしましょうね(ニコ)」

※こういったデキる人と話すと勉強になることが多くてトレードオフが出来ているか自分が不安になります。w

こんな感じですかね。当たり障りないように感じると思いますが、現実世界を思い出してください。

あまり居ません。大体、マウンティングすることからスタートします。

ただ、これは20代〜35歳くらいの層に多いですかね。特に若いと本当殆どがマウンティングスタート。

ここでお伝えしたいのは、謙虚さと程よく自分の強みや主張をバランス良く相手に伝えることです。

それにより、お互いに尊重し合える時間を作れるのではないでしょうか。

また、その後何度も会うような機会がある相手ならまだ可能性はありますが、入り口から良くない印象を持たれなければ良い出口を出られることはなかなか無いでしょう。

これが何を意味するか?損しかないですよね。

相手の時間を奪うことに慣れている

一旦その日でOKです〜あ、でももしかしたら無理になるかも〜

幾つか言いたいことがあるので、まずは以下の会話を見てください。

〜〜〜〜とある日〜〜〜〜

A「Bさん、お話したいので飲みにでも行きませんか?」

B「お久しぶりです!行きましょう!」

A「ありがとう御座います!いつ行けます?」

B「○日か○日なら空いてます!」

A「では○日でお願いします!」

B「…沈黙(レスしない)」

〜〜〜〜当日〜〜〜〜

A(あれ、本当に今日飲みいくんだよな…?店も予約しておいたし、一応事前連絡入れとくか。

A「Bさん、本日のお店はここで○時にお願いしますね!」

B「あ、今日でしたっけ?すいません、ちょっと新たなプロジェクトのリーダーに指名されてしまいまして今日は仕事が押してるんですよー。なのでリスケお願いできますか?」

A(え、、今日早く退社するために前倒しでタスク進めて、なんならまだ終わらなかったから飲んだ後に対応する予定だったのに。。)

A「そうなんですね!では、また後日にしましょう。○日か○日でご都合いかがですか?」

B「すいません。元々見てた部署と兼務なので忙しくて。(笑)では○日でお願いします!」

A「それは大変そうですね。。はい、では次回こそ!また連絡しますね!」

〜〜〜〜次回こその日の前日〜〜〜〜

A(よし、前回の反省も踏まえて前日には連絡入れとくか)

A「Bさん、明日はこのお店に○時でお願いしますね!」

B「はい、ありがとう御座います〜。では明日!」

〜〜〜〜次回こその日〜〜〜〜

A(え、店ついてもう10分経過したぞ…○時って伝えたよな?)

A「Bさん、もう既に店に居るんですが何時頃に到着されそうですか?」

B「あ、すいません。例のプロジェクトで私でなければ出来ない仕事が発生して対応してるんです。。あと10分くらいで会社出れそうなので、20分後くらいには行けるかと思います!」

A(マジでザッケローニ(ふざけんな)だなおい。もうBさんと飲むことはないな…。)

はい、相手の時間をゴミだと思ってますよね。

ここで言いたい”風”一族の特徴は以下です。

①相手の時間や予定も関わる内容のやりとりには必ずレスをしましょうや

特にこれは大人数でのfbメッセやLINEのやり取りで散見されますね。かっこいいとでも思っているのでしょうか…。

デキる人は、即レスします。”風”一族は、ここまでやり取りしたら分かるっしょ。とか言います。

いや、わかんねえよ。

②スケジューリングくらいきちんとしましょうや。あんたが新たなプロジェクトがうんたらとか知らねえし、それでパンクして人に迷惑かけれあえtrgそjごいあhがおじょjg:jfp@hし

 事前にわかってる予定なんですから、当日遅れないよう前もって仕事を進めましょう。

 どうしても当日に発生する何かによってしまうのであれば、その旨を事前に相手に伝えましょう。

 デキるから仕事任されて忙しいアピールされても、その前にスケジューリングさえも出来ないのか…と思われてますよ。

③飲み会や会食に遅れて参加するのやめません?

 かっこいいと思っているんでしょうか。はたまた相手に対する思いやりの心が欠如しているのでしょうか。。

 これ本当かっこ悪いです。ちゃんと来ている人は、それだけであなたを見下してるかもしれませんよ。

 デキる人は、むしろ始めに来てトイレの場所や注文方法を確認して待ってます。

あーはいはい、あれですね。

いや、分かってる?

知ったかぶりや分かったフリは”風”一族の掟です。

デキる人は知らなければ知らないので教えてください、分からなければ〜〜ってことで合ってますか?と確認、などします。

まだ知らないことや、まだ理解していないことに対しての不安や恐怖を人より感じづらいんじゃないでしょうか。

要は、知れば良いし、理解すれば良いだけ。と考えるからですね。

また、”風”一族は相手が知らないことを自分が知っていた場合、恐ろしく流暢にこんくらい勉強してこいよ、こんなことも知らないの?バリな話し方をしてきたりすることもあります。w

まとめ

出会ったことがあるデキる人と”風”一族それぞれ思いつく人はいましたでしょうか?

”風”一族にはならないよう気をつけていきたいものですね。

では、こんなところで。

 

 

現場からは以上です。

The following two tabs change content below.
すぎゆう

すぎゆう

若手起業家。 絶妙な絵の下手さが売り。いつも具合は悪め。