働き方 2018.8.10

64万8千円かけて瀬戸内寂聴さんに聞いた「仕事における幸せ」とは?

「人生100年時代が到来している今、実際に100歳近くまですでに人生を送られている瀬戸内寂聴さんに、“ 働くとはどういうことだったか”“ どういうことだと考えられているか”をお聞きしたい。」

とある男は、この一心で「瀬戸内寂聴と8人のインフルエンサー クイズ!人生の問題」という特別番組に参加する権利を、64万8千円もの金額で獲得しました。

一体、瀬戸内さんにとって、「働く」とはどういうことなのでしょうか?

「瀬戸内寂聴と8人のインフルエンサー クイズ!人生の問題」とは?

「me&stars」主催の特別番組

出演者の瀬戸内寂聴さん、MCであるロンドンブーツ1号2号 田村淳さん、そして8人のインフルエンサーが「人生の問題」をテーマにクイズ・話し合いを行いました。

収録に先立ち、同番組の出演権(1枠)が、「me&stars」のアプリ上でライブオークションにかけられ、上述の「とある男」がこれを64万8千円で落札しました。

とある男について

その男、株式会社BLAM 代表取締役社長 杉生遊

当メディアの運営も手がける弊社BLAMの代表取締役社長 杉生です。

果たして、瀬戸内さんから「働く上での幸せ」について、どのような答えが聞けたのでしょうか?

瀬戸内寂聴さんの答え

番組収録後の杉生に「どんな話が聞けたのか」尋ねてみると、以外な答えが・・・

横井
お疲れ様でした!瀬戸内寂聴さんに質問はできましたか?
杉生
いや。質問はできなかった!
横井
ええっ!?(じゃああの大金は・・・?)
杉生
でも、本質的な答えになるお話が聞けたよ。
横井
そうなんですね!どういったことでしょうか?

生きていく上で、最も大切なこと

杉生
「人は何のために生まれてきたのか」というテーマで話し合いをする中で瀬戸内さんが仰っていたことが本質的な答えだったんだよね。

仰っていた内容は、「生きていく上で自分を最も幸せにする行為は“自分以外の誰かを幸せにしていくこと”」っていうこと。

横井
自分以外の誰かの幸せ、ですか。
杉生
そう。それを第一に願い、行動を起こすことが「人生」において幸せを招き入れることなのであれば、それをそのまま「仕事」でやるということがイコール「仕事において幸せを実感できる働き方」・・・ということになるな。と。
横井
確かに、そう言い換えることができそうですね。
杉生
結論としては、これからも「第三者の幸せを実現させるための事業」を進めていこう・・・と背筋を正してもらえたし、その事業はその第三者がまた別の誰かの幸せを願い働くことができる場を提供できるものだとなお良いと確信できた。という感じかな。
横井
それこそコンセプトとしては、リリース間近であるパラレルワーク支援サービス KAIKOKU(カイコク)とリンクするものがありますね!
杉生
そういうこと!だから「今進んでいる道は間違っていない」と信じることができたのは、とても大きな収穫だったね。

人間にとって最も愚かなこと

杉生
加えて言うと、瀬戸内さんは「人間が犯すべきでない最も愚かな行為」についてもお話しされていて・・・
横井
はい。
杉生
それは、「戦争をすること」だと仰ってた。
横井
戦争ですか。
杉生
そう。これも、今後生きる上で、また働く上での大きなヒントになったと言えるかな。
横井
確かにそうですね。もし戦争が起こったとして、そこに例えば、経済的利益などといった「戦争を起こす側にとってのメリット」が存在していたとしても、それは必ずしも戦争に巻き込まれた第三者にとっての幸せを願うものではない・・・。そういう意味では、先程のお話とは全く真逆の行為になり得ますもんね。
杉生
他人の不幸の上に成り立つ幸せは存在しない、ということかもしれないね。

まとめ

「人生100年時代」が到来しようとしている中で、既に100年近く生きていらっしゃる瀬戸内寂聴さんの考え・言葉・空気感に触れることができた今回の経験について、杉生は「64万8千円で得られるものとしては本当に安い」と捉えていました。

第三者ながら、咀嚼の仕方次第では受け手の人生や考え方に大きな影響を与える貴重な時間だったのかな、と思います。

ぜひ、自身と照らし合わせて働き方・生き方について再考してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2018.08.09

瀬戸内寂聴さん、ロンブー田村淳さんも診断!「#カイコク診断 」とは?

▼▼▼リリース間近!パラレルワーク支援サービス KAIKOKU(カイコク)は事前受付中です▼▼▼

https://kaikoku.blam.co.jp/

▼▼▼瀬戸内寂聴と8人のインフルエンサー 「クイズ!人生の問題」はコチラから▼▼▼

 

この記事に似た記事 Popular post

このライターの最新記事 New post