働き方 2018.7.3

「稼ぐ力を身につける」女性の働き方事例

どうもでじたりあん編集長横井です。

この記事では、株式会社サイバー・バスにて、「稼ぐ力」を身につけることにこだわって働いている平尾美由紀さんをご紹介致します。

平尾さんにとって、「稼ぐ力は女性だからこそ必要」ということでした。そこで、実際どのような働き方をしているのか聞いてみました。

株式会社サイバー・バズ 平尾美由紀さん

横井
ではまず、平尾さんの経歴について教えてください!
平尾さん
はい。新卒時代は、日立製作所の営業として名古屋で1年ちょっと働いていました。

その後、第二新卒でサイバー・バズに入社して今に至る…という感じです。

日立に入社した理由は、「変化が激しい場所に身を置くことで、自分自身チャレンジしたり成長していく機会が増えて行くと思っていたから」ですね。
その点、情報通信だとかシステム系は、やっぱりデータ量の増加などを考えると非常に可能性がありそうだなと思っていました。

横井
なるほど、、チャレンジする機会に多く巡り会えそうということで、ITを選択されたんですね。

では、そこからサイバーバズに転職した理由は何だったのでしょうか?

平尾さん
実際に日立製作所に就職してみると、システム情報通信であっても、やはりすごい大企業なので「結局若手の時にチャレンジできる機会少ないな。。」と感じたんです(笑)

そこで「あ、自分このままじゃやばい」と思って(笑)20代のうちにもっと活躍するためのスキルをつけられる環境に転職したいなと思ったんですよね。

横井
そこがサイバー・バズだったと…!
平尾さん
そうなんです!サイバー・バズって平均年齢は27,8歳なんですけど…そういうこともあってか「若かろうが、自分で考えて自分でやらなきゃいけない」ような環境になってるので、それはよかったなと思っています。
横井
そういう流れで、ご自身で稼ぐ力というものを蓄積していく環境に身を置くことができたんですね!

稼ぐ力を蓄積する働き方

横井
そういった環境は、かなり忙しいイメージがあるのですが、その辺りの変化はいかがでしたか?
平尾さん
そうですね〜!
やっぱりweb業界ということもあり、入社したばかりの頃は朝早くから夜遅くまで働いていて、それで体調崩しちゃったりすることもありました。
横井
そういった「忙しさ」だったり、そもそもの「職種の変化」がある中で、うまく「稼ぐ力」を蓄積していくためにはどういった働き方をしていく必要があるでしょうか?
平尾さん
私は私じゃなきゃできないことをやる」ということですかね!

それこそ入社当時は、私がやらなくてもいいことも私がやってしまっていたんです。「いわゆる作業」みたいなこととか。それって、例えば内定者アルバイトの子とかでもできるんですよね。

横井
スキル的にも人手的にも、お願いできる相手がいる仕事は渡してしまう…ということですね。
平尾さん
そうですね!

なので、事前にそういった仕事の割り振りなどを細かく行うのは大切です。

「いついつまでにこれをやらなきゃいけないから、ここの部分は営業のアシスタントに頼んでおこう。ここは、私じゃないとできないから私がやっておこう。」みたいな形で…。

そうすることで、働く時間がぎゅっと短くなった気がします。

横井
ご自身で働きやすい環境を作ってしまっているんですね!

それこそ、働き方などに関して「自分で考える」裁量が委ねられているからこそやっていくべきことなのかもしれませんね。

平尾さん
そうですね。スキルを身につけつつも、仕事とプライベートでうまくバランスをとって働けるようになってきています!

最近は「毎週水曜日はヨガに行きます!」って会社のメンバーとかマネージャーとかに言い続けていたりして(笑) だから逆に「平尾ちゃん水曜日ってヨガだよね?行っておいで!」とか言ってもらえたりもしています!

横井
周囲の方々にも理解してもらえているのは、動きやすいですね!
平尾さん
それに、プロモーションって世の中の一般の人の感覚みたいなものも持っていた方がうまくいくんですよね。

なので、会社でパソコンと向き合っているだけじゃなく「外の世界に目を向ける」という意味でも、プライベートの時間は大切にしています。

その方が、アウトプットも良くなるんです。

横井
結局は仕事のためにも大事なことだったりするんですね!

そもそも「稼ぐ力」とは

横井
そもそも、平尾さんの今後において、どうして「稼ぐ力」が必要だとお考えなのでしょうか?
平尾さん
私自身、子供は欲しいと思っていまして、とりあえず、「結婚は30歳までに」っていう想いはまずあります。ただ、そうだからと言ってそこで仕事を全くやめてしまうということはしたくないんです。

そういう環境が変わった時に強いから、稼ぐ力は必要かなと思っています。

横井
なるほど。。では具体的にはどういった「稼ぐ力」を身につけようとお考えですか?
平尾さん
ソーシャルマーケティングとかもそうですけど、例えば「女性ってどういう気持ちで物が欲しくなるんだっけ?」とかを、やっぱり自分で考えて答えを出すことができる…
そして、そういったことを社外に対してもアウトプットできる状態になっておくことが、これからの時代自分にとって大事なことなんじゃないかな〜と考えています。

サイバー・バスで今やっていることの延長として、もっと市場的なスキルを身につけようとしていますね。

横井
なるほど…。
平尾さん
だからこそ、「自分のやりたいことができる」会社や環境に身を置くことはすごく重要だと思います。

「この会社でこんなことをやりたい」とか心の奥底から思いがあって就職していたら、そのためにすごい努力すると思います。
また、そういう思いがあって就職するからこそ、自分ができないことをできるようにするために試行錯誤して、結果としてスキルがついていくと思うんですよね。

女性こそ「稼ぐ力」を

横井
「スキルを身につける」という意味でも、「環境が変わった時に自分で稼ぐことができる」という意味でも、
なんとなく会社にすがって働いている状況はよろしくないということですね。。
平尾さん
そうなんです!

特に女性は本当に、結婚して家庭を持った時とかに、例えば色々な場所に転勤しなければならない職場環境だったら、家族とは離れて暮らさなくてはならなくなってしまうので、
自分で働く時間や環境を選べるようにしておくことで、幸せだなと思えるような働き方をしやすくなると思います。

だからこそ、自分で稼ぐ能力…って何度も言っちゃてるんですけど(笑)
自分がどこにいても、私だったらサイバー・バズにいてもいなくてもそういった力をつけておくのってすごい大事なんだなと、思いますね!

横井
重要ですね。。
平尾さん
私の友人でも、結婚・出産で元いた会社を辞めた子がいまして・・・

彼女、普段家にいるんですけれども、「何か企画したり、可愛いアウトプットを出したりする」ということが得意でして、それを活かして「ベビーポスター」っていうのを作って売っているんです!

横井
ベビーポスター…。どういったものですか?
平尾さん
赤ちゃんが生まれた時とか、そういう思い出の画像を使ってポスターを作るんです。

最初は自分の子のために作ってたのですが、他の人ためにも作ってみたりしてみたら、 反響があったみたいで、今はインスタとかネットを介して売っているんです。

横井
おお〜!
平尾さん
これってまさに、好きなことで稼ぐ力を身につけているっていうことなんですよね。

なのでやっぱり、「自分ってこういうの好きだなー」とか「向いてるなー」っていうのを見つけている人って、どういう環境にいても強いんだなって、つくづく思います!

横井
本当ですね…!

まとめ

企業における女性の活躍推進に関して、法律に基づき様々な見直しがなされている昨今ですが、それでもまだまだ女性にならではの将来への不安などは存在することでしょう。

それだけに、今回の平尾さんが強調していた“「稼ぐ力」を蓄積しておくべき”という言葉は、非常に印象深かったです。

働く人ひとりひとりに「働く目的」があるはずで、その目的自体はもれなく咎められるべきではありませんが、「自分のキャリアや人生を会社任せにせず、自分でデザインしていく」という意識は、今後、より必要になってくるでしょう。

The following two tabs change content below.
横井貴明

横井貴明

DIGITALIAN編集長。本職はお笑い芸人です。書道が好きです。

この記事に似た記事 Popular post

このライターの最新記事 New post

The following two tabs change content below.
横井貴明

横井貴明

DIGITALIAN編集長。本職はお笑い芸人です。書道が好きです。