パラレルキャリア 2018.8.9

瀬戸内寂聴さん、ロンブー田村淳さんも診断!「#カイコク診断 」とは?

株式会社BLAMは、鎖国(江戸)時代の適職診断サービス「#カイコク診断」をリリースしました。

「#カイコク診断」とは?

パラレルワーク支援サービスKAIKOKU(カイコク)の事前診断

#カイコク診断を一言で言うと、「もし鎖国時代だったら、 あなたにぴったりな職業は何か?」を診断するサービスです。

診断は、適職探しとして定評があるホランド理論をもとに行われます。「適職」と併せて「あなたのパーソナルタイプ」も教えてくれるのも魅力のひとつです。

▼▼そもそも、パラレルワーク支援サービスKAIKOKU(カイコク)って何?▼▼

1社で働くことが当たり前になっている、 既存の「鎖国された働き方」を変えること(=開国すること)を目的として、複業(パラレルワーク)を支援するサービスです。

現在は事前登録を受付中であり、その事前診断としてリリースされたのが、今回ご紹介する「#カイコク診断」です。

カイコク診断のやり方

ペリーさんの質問(2択)に答えていくだけでOK!

筆者も早速やってみました。

ペリーさんの手にかかれば1分くらいでサクッと診断してもらえます。

診断結果は…

「焼継師」…こんな職業があったんですね。(職業ごとに「それはどんな仕事なのか」説明書きも添えられています。)

ちなみに本記事執筆中、「ちんこ切り」という診断結果に大騒ぎする人(28歳)を「たまたま」見かけました・・・。

そして、筆者のパーソナリティタイプは…

こんな感じでした。

瀬戸内寂聴さんと田村淳さんは?

me&stars主催の「瀬戸内寂聴と8人のインフルエンサー クイズ!人生の問題」の中での瀬戸内寂聴さんと田村淳さんの診断結果はこちらです。

瀬戸内寂聴さんの場合

▼▼その魅力で男性を虜にし、時には人生を狂わせる吉原の華「遊女」▼▼

ロンドンブーツ1号2号 田村淳さんの場合

▼▼常に努力や修行をしながらも、普通の人とはどこか違う「異風の托鉢(たくはつ)」▼▼

(※たくはつとは、僧が修行のため、鉢を持って、家の前に立ち、経文を唱えて米や金銭の施しを受けて回ること。)

まとめ

味わい深いイラストを楽しみながら、自分の仕事における「特性」について改めて考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

▼▼鎖国(江戸)時代の適職診断サービス「#カイコク診断」 URL▼▼

https://kaikoku.blam.co.jp/shindan/sakoku?ref=p0809_5

また、その「特性」を生かしてスキルと収入を増やす支援をするサービス「KAIKOKU(カイコク)」のリリースも間近です!

この記事に似た記事 Popular post

このライターの最新記事 New post